FIND SOPHIA

カテゴリーで探す

コンテンツ名で探す

Sophia Topics

上智学生記者クラブ通信

#206 キャンパスツアーガイドが見たオープンキャンパス
たくさんのご来場、ありがとうございました!

暑さに雨にと、夏の天気に振り回される日々が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。
今回は、8月の2日と3日の2日間にわたって開催された「SOPHIA OPEN CAMPUS 2022」についての記事です。読んでいる皆さんの中に、参加してくださった方はいらっしゃいますか?? ありがたいことに、初日5,734名、2日目5,779名と、合計11,513名もの方にご来場いただき、とても盛り上がったオープンキャンパスとなりました。学生としてとても嬉しく思っています。

ところで、私はそのオープンキャンパス期間中、キャンパスツアーガイドとして働いていました。責任をもって上智の魅力をお伝えするために準備をしていると、上智やその魅力について色々と再発見することができて、自分自身にとっても有意義な経験だったと感じています。よってこの記事では、私のキャンパスツアーガイドの体験をお伝えするとともに、私が受験生だった頃に参加したオープンキャンパスとの違いなんかも振り返ってみようと思います!

オープンキャンパス、大盛況でした!

6号館側から見たメインストリートの様子。キャンパスツアーで何度もここを通りました(写真提供 入学センター)。

連日の酷暑の中での開催となった今年の「SOPHIA OPEN CAMPUS 2022」。当日も30℃台後半と非常に暑い中でしたが、たくさんの方にご来場いただきました。メインストリートや各食堂もかなりの混雑を見せていて、ボランティアスタッフとして身の引き締まる思いでした。

6号館の大きな教室も満席でした(写真提供 入学センター)。

そんな中、私がガイドをしていたキャンパスツアーにも、多くの方にご参加いただきました。完全予約制で行われたキャンパスツアーでは、毎回定員が埋まるほどの数の方をガイドすることができ、やりがいがありました。特に2日目は関東全域が異常な猛暑に襲われる中での開催となり、そんな中キャンパスツアーで30分間も屋外を歩いていだだくのは少々心苦しかったですが、皆さん熱心に耳を傾けてくださいました。本当にありがとうございました!

今回私が担当したルートはAルートというコースで、11号館ラウンジ(地下食堂)の入り口からスタートして図書館・10号館・クルトゥルハイム(聖堂)…… といった具合にメインストリートをジグザグに進み、最後は2号館で解散といった流れのご案内をしていました。建物の説明に留まらず、上智の特色や学生目線の小ネタを挟むなどできる限りの工夫をしたつもりです! 参加者の皆さんに届いていると良いのですが、いかがでしたか?

今回キャンパスツアーガイドという仕事をやってみて、上智について色々なことを知りました。クルトゥルハイムやメインストリート交差点のエンブレムなど、普段の生活であまり意識することがない場所についても解説しなければならないのは大変でしたが、講堂で講演をした有名人やロケ地の情報など面白い話題も多かったので楽しめました。今後のキャンパスライフを少し違う角度からも楽しめるようになるツアーガイド、役得ですので学生の皆さんは是非やってみてください!

ところでこのキャンパスツアーですが、コロナ禍に突入する前はイベントなどに関係なく日常的に行われていたようです。キャンパスへの入構制限がより緩和され、このような取り組みも復活する日が待ち遠しいですね。学生向けにツアーガイドの募集もあったようですので、ガイドとしての活動を通して上智について詳しくなる良いきっかけになりそうです。

去年と比較してみると……

ところで、私は受験生だった去年に上智のオープンキャンパスに足を運んでいました。ここで、去年は来場者として、今年はスタッフとして参加した私の目線から、開催形態の比較をしてみたいと思います。
まず、2年前の2020年は、新型コロナウイルスの影響で開催中止になっています。当時私は高校2年生、一番情報収集をしたい時期にオンラインコンテンツしか手がかりが無く、かなり苦労したのを覚えています……。

そして2021年は、例年の開催形態にかなり制限が加わりつつも対面でのオープンキャンパスが開催されました。具体的には、各学部・学科が開く体験授業を予約した受験生のみ入場が許され、それ以外の高校生や保護者はキャンパスに入れないという形でした。相談会などの予約不要のイベントだけの参加はNGということで、来場者数はかなり抑えられた状態でしたが、それでも実際に足を運ぶという体験に勝るものは無いなと感じました。今所属しているイスパニア語学科の体験授業に参加してスペイン語を少し教わったのですが、その時はあまり理解できなかったのを覚えています(笑)。

そして学生として迎えた今年のオープンキャンパス、去年と比べてみると各所で復活が見て取れます。まず、来場は予約制であるものの体験授業の縛りは撤廃され、また保護者の皆さんも来場できるようになりました。実際、キャンパスツアーにも高校生・保護者問わず多くの方にご参加いただきました。入試相談コーナーや各学部のブース、食堂の営業や図書館のイベントといった色々な企画がありキャンパス内がかなりの充実を見せたのに加えて、今年はオンラインコンテンツも見逃せません。特設サイト「SOPHIA WEB OPEN CAMPUS 2022」が開設され、学部の説明会などのイベントが生配信された他、アーカイブ映像として講堂での催しや説明会の一部が今でも公開されています。

10号館講堂での講演の様子(写真提供 入学センター)。

オンサイトの魅力を最大限にPRしつつ、オンラインの利便性も有効活用する方向に、オープンキャンパスはこれからも進化していきそうですね。

おわりに

キャンパスツアーガイドという形で関わることになった今回のオープンキャンパス、思っていた以上に楽しめて良い経験になったと感じています。この記事を読んでもっと上智について知っておきたいと思った受験生や現役学生の皆さん、Sophia Topicsではそんなあなたにぴったりの情報を発信していますので、是非過去の記事も覗いていただけると嬉しいです!

のぶゆき
名前
のぶゆき
所属
外国語学部イスパニア語学科
〇〇がすき!
J-POPと活字がすき。
上智のいいところ
語学への強さとキャンパスの立地!